態度を悪くしない

たとえ喧嘩の種になるような悪いコトがあっても、それを会話の際の態度に反映しないようにしましょう。論点が脇道に逸れたり、感情論になってしまうなど、冷静な議論が出来なくなる恐れがあります。

冷静な態度で話せば、相手の意識は発言の内容にのみフォーカスしやすくなる。結果として、話の方向が感情論にブレることを抑えるコトが出来る。なんて思ってます。

的外れな人は、よく発言の内容ではなく発言の態度を批判しがちですが、そのように論点が脇道に逸れてしまうのを防ぐメリットもあります。

とはいえ、言葉に感情を乗せるのは、言葉に言語を超えた重みを持たせる上で重要ですから、身も蓋もない言い方をするなら「さじ加減」になってしまいますけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする