浜松のIngressイベントから帰ってきての数日間

(注:完全にチラシの裏)

浜松から帰って、各種レポートやニコ生を見て以降・・・

Ingressというコンテンツについて、複雑でモヤモヤした感情に襲われていた数日間だったけど、ようやく、自分の中での落としどころに到達した。

とは言っても、
昔から言われていた当たり前のことですが。

このコンテンツが社会的な認知と承認を得るためには、
●一般人に迷惑をかけないこと、
●迷惑をかけたら謝ること、
●ユーザー自身が謙虚になること。
●社会的なルールをどんなときにも優先させること。

結局、これらを心がけるしかない。
時間がかかるプロセスだけど、すごく大切なプロセス。

よく世間では、一人の愚か者が引き起こした事故や事件が原因で、変なルールが作られているけど、Ingressが原因で、変なルールが作られてしまうのは誰も望まない。

だから、自分もせめて、一般人からの「何をしているか」という質問に対して、どんな言葉を使って答えればいいか、今まで以上に深く考えよう。コミュ障だけど、コミュ障なりに。

(チラシの裏 終了)

参考ポスト
https://plus.google.com/u/0/+traptapdance/posts/WYhpDTfqhQa

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする