文化庁メディア芸術祭 受賞作品展でシン・ゴジラの第5形態を発見

9月16日、たまたま新宿に来ていたので寄ってみた「文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」。文化庁メディア芸術祭は、

アート、エンターテイメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバル

とのことで、オペラシティの3階「アートギャラリー」にて、2017年9月16日から9月28日まで開催されているようです。入場は無料。

ほとんど予備知識がない状態で足を運んだのですが、そんな中で入り口の受付を通り抜けて入った「シン・ゴジラ」のコーナー。最初に目に飛び込んできたのが・・・

え???これは一体何?

ガレキ?の中から生まれているかのような、不気味な人型の何か。
展示物の説明には「第5形態」と書かれていました。

どうやら、映画のラストにて数秒だけ映っていたようですが、自分は詳細がこんな風になっていたのを全く気づきませんでした。この形態が活動を始めたら世界に何が起きるのか。考えただけでも恐ろしいですね・・・。

シン・ゴジラのコーナーは、他にも

こんなのも展示されていますので、これを見るだけでも足を運ぶに値すると思います。

他にも「ポケモンGO」のAR撮影コーナー、「聲の形」のアニメーションの絵コンテや原画、「君の名は。」の劇中歌(夢灯籠、前前前世、スパークル)が流れる一部シーンの上映なども楽しめますよ!

シェアする