アウトプットの際に陥る罠

よく、学んだ事を身につける手段として「アウトプットする」というのが本とかブログにて紹介されているが、この説には、読み違えがちな要素が1点含まれている。

読み違えてはいけないのは「1回アウトプットすれば身につく」というわけではないという事だ。

厳密には、アウトプットを経た後も、学んだ事に「ある程度継続的に接触」していないと、その情報は、自身の中から徐々に消えていく。

ありがちなのは、学んだ事を身につけるために、あまり書く気持ちになれないブログに記事を書き、書き終えた時点で、その事を考えなくなる事。

だから、アウトプットした瞬間にその情報を意識から完全に追い出して別のことに興味を向ける、というのは、身につけるという観点からすると、もったいない行為ではないかと思う。

・・・・というのを自身に言い聞かせる記事でした。