【2018.8現在】dマガジンで各雑誌に設定されている「閲覧可能期間」まとめ

この記事は、docomoが運営する、雑誌の定額読み放題サービス「dマガジン」のユーザー向けに書きました。

dマガジンとは

dマガジンは、月額400円(税抜)で、200誌以上の雑誌をPC、タブレット、スマートフォンで好きなだけ読むことが出来るサービスです。月額料金に見合っているのか心配になるくらい取り扱っている雑誌の数が多いのが特徴で、筆者も2016年9月以降、ずっと使っています。

dマガジンの注意点=「閲覧期限」

しかし、dマガジンを使うにあたって注意点が1つ。

それぞれの雑誌には、出版社が独自に設定した「閲覧期限」というものが設定されており、この期限を過ぎると、読むことができなくなります。そのため、雑誌の配信に気づかないまま、お気に入りの雑誌の最新号が読めなくなってしまうことも。

あらかじめ閲覧期限をチェックしよう

そこで、この記事では、dマガジンで読める各雑誌の閲覧期限を確認し、それぞれ「どれくらいの期間読めるのか(=閲覧可能期間)」をチェックしたものを一部まとめてみました。

あとで読むつもりでいたら、いつの間にか閲覧期限が過ぎていた!
なんて事にならないように、お気に入りの雑誌がいつまで読めるか、この機会にチェックしておきましょう。

閲覧期限・閲覧可能期間のチェック方法

dマガジンを開くと、各雑誌の枠の右下に「配信日」と「終了日」が表示されています。配信日と終了日の差が、閲覧可能期間となります。

各雑誌の閲覧可能期間

※配信期間が「0」となっている雑誌は、閲覧可能期間が1ヶ月未満となります。

雑誌の名前ジャンル配信期間(約○ヶ月)
週刊Gallopエンタメ・趣味0
Numberスポーツ・車0
週刊プロレススポーツ・車0
週刊ベースボールスポーツ・車0
anan女性ライフスタイル0
Tarzan男性ライフスタイル0
週プレ総合週刊誌0
週刊ザテレビジョンエンタメ・趣味1
サッカーダイジェストスポーツ・車1
ワールドサッカーダイジェストスポーツ・車1
週刊ダイヤモンドビジネス・IT・国際1
クロワッサン料理・暮らし・健康1
BRUTUS男性ライフスタイル1
FLASH総合週刊誌1
FRIDAY総合週刊誌1
女性セブン総合週刊誌1
女性自身総合週刊誌1
週刊女性総合週刊誌1
DVD&動画配信でーたエンタメ・趣味2
NHK 趣味の園芸エンタメ・趣味2
日経エンタテイメント!エンタメ・趣味2
スマッシュスポーツ・車2
卓球王国スポーツ・車2
ダイヤモンドZAiビジネス・IT・国際2
日経PC21ビジネス・IT・国際2
日経ビジネスアソシエビジネス・IT・国際2
日経マネービジネス・IT・国際2
週刊アスキービジネス・IT・国際2
週刊東洋経済ビジネス・IT・国際2
FUDGE女性ファッション2
GINZA女性ファッション2
サンキュ!女性ライフスタイル2
日経ウーマン女性ライフスタイル2
NHK きょうの健康料理・暮らし・健康2
NHK きょうの料理料理・暮らし・健康2
いぬのきもち料理・暮らし・健康2
たまごクラブ料理・暮らし・健康2
ねこのきもち料理・暮らし・健康2
ひよこクラブ料理・暮らし・健康2
日経 おとなのOFF料理・暮らし・健康2
日経ヘルス料理・暮らし・健康2
Casa BRUTUS男性ライフスタイル2
一個人男性ライフスタイル2
日経トレンディ男性ライフスタイル2
JUNONエンタメ・趣味3
Nintendo Dreamエンタメ・趣味3
PASH!エンタメ・趣味3
SCREENエンタメ・趣味3
アニメディアエンタメ・趣味3
ディズニーファンエンタメ・趣味3
歴史人エンタメ・趣味3
電撃Playstationエンタメ・趣味3
週刊 東京ウォーカー+お出かけ・グルメ3
Mr.Bike BGスポーツ・車3
週刊ゴルフダイジェストスポーツ・車3
週刊エコノミストビジネス・IT・国際3
andGIRL女性ファッション3
BAILA女性ファッション3
CanCam女性ファッション3
CLASSY.女性ファッション3
Domani女性ファッション3
GINGER女性ファッション3
GISELe女性ファッション3
HERS女性ファッション3
JJ女性ファッション3
LEE女性ファッション3
Marisol女性ファッション3
mer女性ファッション3
mina女性ファッション3
MORE女性ファッション3
MORE女性ファッション3
non-no女性ファッション3
Oggi女性ファッション3
Precious女性ファッション3
Ray女性ファッション3
S Cawaii!女性ファッション3
Seventeen女性ファッション3
SPUR女性ファッション3
STORY女性ファッション3
VERY女性ファッション3
ViVi女性ファッション3
with女性ファッション3
フィガロジャポン女性ファッション3
ar女性ライフスタイル3
CREA女性ライフスタイル3
FRaU女性ライフスタイル3
GOSSIPS女性ライフスタイル3
MAQUIA女性ライフスタイル3
Mart女性ライフスタイル3
VOCE女性ライフスタイル3
美ST女性ライフスタイル3
美的女性ライフスタイル3
ハルメク料理・暮らし・健康3
LEON男性ファッション3
MEN'S NON-NO男性ファッション3
UOMO男性ファッション3
GOETHE男性ライフスタイル3
Pen男性ライフスタイル3
AERA総合週刊誌3
サンデー毎日総合週刊誌3
ニューズウィーク日本版総合週刊誌3
週刊ポスト総合週刊誌3
週刊文春総合週刊誌3
週刊朝日総合週刊誌3
週刊現代総合週刊誌3
COURRiER Japonビジネス・IT・国際4
Men's JOKER男性ファッション4
バドミントン・マガジンスポーツ・車5
ボクシング・マガジンスポーツ・車5
ラグビーマガジンスポーツ・車5
相撲スポーツ・車5
陸上競技マガジンスポーツ・車5
CREA Travellerお出かけ・グルメ6
散歩の達人お出かけ・グルメ6
月刊山と渓谷お出かけ・グルメ6
ベストカースポーツ・車6
月刊フットボリスタスポーツ・車6
SAPIOビジネス・IT・国際6
ESSE女性ライフスタイル6
毎日が発見料理・暮らし・健康6
OCEANS男性ファッション6
旅の手帖お出かけ・グルメ9
B's-LOGエンタメ・趣味12
CAPAエンタメ・趣味12
EX大衆エンタメ・趣味12
サイゾーエンタメ・趣味12
ダ・ヴィンチエンタメ・趣味12
つり人エンタメ・趣味12
つり情報エンタメ・趣味12
パチスロ必勝本エンタメ・趣味12
パチンコ必勝本CLIMAXエンタメ・趣味12
ムーエンタメ・趣味12
趣味の文具箱エンタメ・趣味12
週刊ファミ通エンタメ・趣味12
鉄道ファンエンタメ・趣味12
dancyuお出かけ・グルメ12
エル・グルメお出かけ・グルメ12
おとなの週末お出かけ・グルメ12
ビール王国お出かけ・グルメ12
ワイン王国お出かけ・グルメ12
九州ウォーカーお出かけ・グルメ12
北海道ウォーカーお出かけ・グルメ12
東京カレンダーお出かけ・グルメ12
東海ウォーカーお出かけ・グルメ12
横浜ウォーカーお出かけ・グルメ12
関西ウォーカーお出かけ・グルメ12
BiCYCLE CLUBスポーツ・車12
CARトップスポーツ・車12
GENROQスポーツ・車12
NALUスポーツ・車12
RIDERS CLUBスポーツ・車12
RUNNING styleスポーツ・車12
SURFTRIP journalスポーツ・車12
アルバトロス・ビュースポーツ・車12
ル・ボランスポーツ・車12
報知高校野球スポーツ・車12
週刊パーゴルフスポーツ・車12
Mac Fanビジネス・IT・国際12
PRESIDENTビジネス・IT・国際12
25ans女性ファッション12
VOGUE JAPAN女性ファッション12
エル・ジャポン女性ファッション12
ハーバーズ バザー女性ファッション12
Hanako女性ライフスタイル12
OZmagazine女性ライフスタイル12
婦人画報女性ライフスタイル12
家庭画報女性ライフスタイル12
3分クッキング料理・暮らし・健康12
エル・デコ料理・暮らし・健康12
オレンジページ料理・暮らし・健康12
プレジデントファミリー料理・暮らし・健康12
レタスクラブ料理・暮らし・健康12
上沼恵美子のおしゃべりクッキング料理・暮らし・健康12
2nd男性ファッション12
GO OUT男性ファッション12
GQ JAPAN男性ファッション12
MEN'S EX男性ファッション12
メンズクラブ男性ファッション12
BE-PAL男性ライフスタイル12
Begin男性ライフスタイル12
DIME男性ライフスタイル12
Discover Japan男性ライフスタイル12
GetNavi男性ライフスタイル12
GoodsPress男性ライフスタイル12
Hot-Dog PRESS男性ライフスタイル12
Lightning男性ライフスタイル12
MONOQLO男性ライフスタイル12
サライ男性ライフスタイル12
デジモノステーション男性ライフスタイル12
家電批評男性ライフスタイル12
男の隠れ家男性ライフスタイル12

まとめてみて

以上、dマガジンのラインナップの「ごく一部」の閲覧期限を掲載してみましたが、けっこう疲れました。。。

それにしても、改めて感じるのが、そのボリューム。
日頃使っている自分も「こんな雑誌も配信していたのか!」と気付かされる事も多々ありました。

今回調べてみてわかったことですが、閲覧可能期間が「1年」という太っ腹な設定をしている出版社も少なくない模様。
一方で、スポーツ系、経済系、エンタメ系の雑誌は、1ヶ月や2ヶ月のものも少なくないので、気を付けなければなりませんね。

では、快適なdマガジンライフを!