WebフォントサービスTypeSquareの近況メモ(2019.2)

Webサイトを制作する際に、Webフォントを使うことを検討する機会が増えてきたので、TypeSquareの最近の状況について、軽く調べてみました。

参照したページ

フォント一覧 | Webフォント TypeSquare [タイプスクウェア]
モリサワとパートナーの多彩な書体をWebフォ&#125...

わかったこと

利用可能なフォント(一例)※2019/02/28現在、利用できるフォントの点数は923件。とにかく日本語フォントが充実!

  • 明朝:リュウミン、黎ミン、秀英明朝、A1明朝、ヒラギノ明朝、本明朝
  • 角ゴシック:新ゴ、ゴシックMB101、A1ゴシック、中ゴシック、見出ゴMB、秀英角ゴシック金、新ゴ JIS2004、ヒラギノ角ゴ、こぶりなゴシック、TBゴシック、UDタイポス、
  • 丸ゴシック:新丸ゴ、ソフトゴシック、秀英丸ゴシック、フォーク、丸フォーク、
  • その他: カクミン、解ミン 宙、解ミン 月、シネマレター、竹、明石、徐明、那欽、ハルクラフト、はるひ学園、すずむし、かもめ龍爪、隷書、勘亭流、築地、小町
  • 外国語:韓国語、簡体中文、タイ語
  • なお、欧文フォントは16点と、そんなに多くはなかった。

モリサワパスポートを使用している場合の留意点

有料プランの他、モリサワパスポートを利用している場合も、利用は可能。その場合は、1,000万PV/年まで使用できる(1000万を超えるとフォント配信はストップし、代わりにシステムフォントでWebページは表示される)。

複数のサイトの登録も可能なようだけど、「合計で1,000万PV/年」なので、クライアントワークでそのまま使うのは、ちょっとリスキーかな。もしクライアントワークでTypeSquareを使う機会があるとしたら、その時はクライアントに直で契約いただくのが最善そう。


0