メモ:GoogleフォントはMacのローカル内でも使える

Webフォントのサービス「Googleフォント」は、サイト内で表示されている多くのフォントを自身のWebサイトで無料で簡単に使用できる、とても便利なサービスだ。

これを使っていてふと浮かんだのが、「Webサイトでは簡単に使えるけど、これらのフォント、Mac内のソフト内にインストールして使うことも出来るのだろうか?」

そこで、さらっと調べてみる。 検索キーワードは「Googleフォント Macで使う」。 そしたら・・・・ありました。

参考になったサイト

Google FontsをMac上で使える「SkyFonts」 | taromagazine™

Illustrator & PhotoShop で Google Fonts を使う – 技術ブログ | 株式会社クラウディア

方法1:Googleフォントからファイルを個別にダウンロード

Googleフォントの中から、1〜2点だけフォントを使ってみたい。そんなときにはコチラがお手軽でオススメ。以下の手順でフォントをダウンロード出来るようだ(zip形式)。

フォントのダウンロードの流れ(Firefoxを使用時)

方法2:Skyfontsというアプリ経由でダウンロード

デザインの過程でいろいろなフォントを試してみたい。そんなときにはコチラが便利。

詳細はこちら(Skyfonts公式サイト)。簡単に言えば、Skyfontsという「フォントダウンロード用アプリ」をインストールし、そのSkyfontsを経由してGoogleフォントのダウンロード、管理、削除を行うという仕組みのようだ。

注意点として、方法2のSkyfontsの使用は、便利ではあるが、Macの画面の右上のタスクバーにて、アプリを常駐させる必要がある。若干ではあるがメモリを消費する事になるため、メモリ消費が気になる場合は、フォントの個別ダウンロードがベターな選択かも。利用するときは、自身のスタンスに近いほうを選ぼう。

0