メモ:静的サイトのホスティングサービスについて調べてみた

最近、Webサイトを高速化する手段の1つとして「静的サイトのホスティングサービス」なるものがあるのを、どこかの記事で知った。

ホスティングサービスというと、個人的には、いわゆる「レンタルサーバー」を連想してしまうのだけど、どうもそういうのではない模様。

こういうものらしい

  • 静的なHTMLページをホスティング出来る
  • 最近は必須の「常時https」も当たり前のように利用可能
  • 静的サイトに特化したチューニングがされているため、ページの表示が高速
  • GithubやBitbucketなどのリポジトリとの紐付けが可能。リポジトリへのpushでサイト更新が出来る
  • レンタルサーバーと違って、基本料金は無料。通信量に応じてプランが分かれているサービスが多い
  • 静的サイトジェネレーターとの親和性が高い
  • 海外のサービスがほとんど。英語は読めたほうがいい
  • 細かい操作のために、いわゆる「黒い画面」を使う。よって黒い画面に抵抗の無い人のほうが恩恵を受けられそう

参考にしたページ

静的サイトを作る上でホスティングサービスの検討とNetlifyを使ってみた感想 – suzu6

今度、Netlify、試してみるか・・・。

0