写実絵画の美術館「ホキ美術館」に魅了された

千葉県の内陸にある、「写実絵画」に特化した美術館「ホキ美術館」に行って来ました。
東京駅で偶然見つけた広告で存在を知り、Webで動画を観て「なんか凄そう!建築もカッコいい!」となったのが、足を運ぶキッカケでした。

このホキ美術館、2010年に出来たばかりの美術館で、知名度は「知る人ぞ知る」のレベルかもしれませんが、展示は結構すごかったです。

写実絵画はその緻密さゆえ、1年に数点しか作れない。そんな絵画が100点以上展示されているのは圧巻のひとこと。どの作品もすごく見応えがあり、20cmくらい近づかなければ絵画と分からないくらいでした。

だから、グッと近付いたり距離を置いたりを繰り返すのが、とても楽しい。リアルが絵画に、絵画がリアルに変化するのを作品の数だけ楽しめる場所です。
(注意点としては、全裸の女性が横たわる絵画など、エロ美しい絵画も多いです。見とれます。なので、お子さまを連れては行かないほうがいいでしょう)

ホキ美術館

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする