よそ行きの言葉

言葉を選ばずに文章を打つのは、本当に楽。

自分だけが分かればいいからだろうか、ガンガン書くことが出来る。

しかし、他人に伝える言葉となると、とたんに頭の回転がストップして文章が書けなくなる。何か記事を書く時に常に自分について回る悩みだ。

「よそ行きの言葉」あるいは「外部向けの言葉」。この言葉の表現が正しいのかは分からないけど、自分はこれを作り出すことに苦手意識を持っているのだと思う。

自分にとって「よそ行きの言葉」は、以下のような感じ。なるべくこうであるように頑張っている。

●ですます調の文体になっている

●記事の冒頭で「こんにちは、○○です」という挨拶から入る

●誰にでも伝わる言葉を選んでいる

●文章の起承転結がしっかりと構成されている

もしこのブログの中で、上記のような特徴の文章が上がったら、それは「そうとう頑張って文章をひねり出したもの」というふうに捉えて頂ければ幸いです。

そうでない文章(例えばこの記事)は、カテゴリ「ひとりごと」の中に隔離しますので、ご心配なく・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする