Helloween – Treasure Chest(2002)

メロディックスピードメタルの入門にピッタリのベスト盤

ドイツのメタルバンドの大御所Helloween(ハロウィン)。
1985年にデビューし、スピード感あるメロディアスな楽曲が特徴の「メロディックスピードメタル」というスタイルを確立。後進のアーティストに多くの影響を与えたレジェンドです。
2017年には、歴代のメンバーが一堂に会して「Pumpkins United」というツアーを敢行するなど、まだまだ現役です!

ちなみに、Helloweenは筆者の初めてのメタル体験の一つでもあります。X JAPANが好きだった高校時代、先輩から「X好きならハロウィン聴いてみな」と紹介されたのがキッカケでした。

さて、本作は、1985年のデビューから2000年までの歴史を凝縮したベストアルバム。CDでは2枚組のボリュームです。
構成は、1曲目「Mr.Torture」が2000年の曲で、徐々に年代を遡っていき、8曲目「Murderer」や9曲目「Starlight」で最初期の1985年まで到達。そこから再び時計の針を進めていき、最後の曲で2000年に戻るという内容。
曲順が年代順になっているため、音楽性やヴォーカリストの変遷(カイ・ハンセン→マイケル・キスク→アンディ・デリス)も併せて楽しめると思います。

バンドのデビューから2000年までの代表曲はおおむね網羅されているので、本作からHelloweenに入る人には超オススメ。本作が気に入ったら、次はぜひ「代表作」である「Keeper Of The Seven Keys」も聴いてみてください(下記)!

オススメ:1〜12, 15