Iron Maiden – Book of Souls: Live Chapter(2017)

これが、デビュー35年以上のベテランの音?嘘だろ?

1980年デビューのイギリスのメタルバンドIron Maiden(アイアン・メイデン)の、2016年新作「The Book of Souls」に伴うワールドツアーを収めたライブアルバム。CDだと、大容量の2枚組です。

最初に聴いて驚かされたのは「これが、デビュー35年以上のベテランの音?嘘だろ?」

普通、ロック/メタルバンドが年齢を重ねると、楽曲のキーを下げたり、ヴォーカルの声のハリが失われるなど、悪く言えば「劣化」が起こるものですが、本作を聴く限り、この手の「劣化」がほとんど感じられません。
楽曲のキーは原曲のまま、ヴォーカルのブルース・ディッキンソンの歌声は変わらない勢い、楽器陣の演奏も安定どころかパワーすら感じさせてくれます。

現在のIron Maidenがどんなであるかを知るには、コレ以上ない作品。
The Trooper,
Wrathchild,
Fear of the Dark,
The Number of the Beast,
Iron Maiden等、初期〜中期の名曲も収録されているため、Iron Maiden初心者にもオススメ。特に、先入観なしで最新作の曲を聴くことが出来るのはラッキーな事だと思います。ぜひ、聴いてみてください。

オススメ:
最新作→Disc1の6(オーディエンスの合唱のデカさに驚き)
過去の名曲→Disc1の7、Disc2の4