Metallica -Master Of Puppets(1986)

気づいたら激しくアタマを振っていた(五七五)

メタルファンの間では、基本&超メジャー&一番売れたメタルバンドとして共通認識が持たれているのが、このMetallica(メタリカ)。最近では2016年秋に2枚組(!)のアルバムを出しており、まだまだ現役やってます。
メタリカ – Wikipedia

本作は、1986年リリースの3枚目で、彼らの初期(キレッキレで速い曲をやっていた頃)の代表作の1つ。雑誌の「名盤特集」でも取り上げられる事の多いアルバムです。無駄を削ぎ落とした鋭い刃物のようなギターの刻みと見事な曲構成で畳み掛ける全8曲は、2017年に初めて聴く人にも強烈なパワーが伝わるでしょう。

私事ですが、このアルバムを初めて聴いたのは、遥か大昔の1998年頃。当時メタル系の音楽なんてX JAPANくらいしか知らなかった10代の自分にとっては、本作のインパクトは頭を鈍器でぶん殴られたようでした。初めて1曲目を耳にした時、気づいたら激しくアタマを振っていました。
メタル初心者が最初に聴く1作としてもオススメ!

オススメ:1(速い), 2(8分の名曲), 7(美しいインスト), 8(超速い)

0