新しいスマフォゲームを始めた自分への伝言

モンスト(モンスターストライク)を始めたんだって?
最近何かと話題になっているから、ちょっと遊んでみたい気持ちは分かる。

ただ、遊ぶのは一向に構わないが、始めた結果、それまで取り組んでいたことがおざなりになるのなら、やらない方がいい。

実際、1日目にして、すでにおざなりになり始めている。帰宅後に習慣にしている事が昨夜は出来なかった、というか、自然と抜け落ちた。

毎日ログインするとボーナスがあったり、ゲリラがあったりするゲームには要注意だ。その手のゲームを、1つならまだしも、2つ、3つ両立しようとすると、もはやゲームが楽しくなくなる。
2013年12月、ディバインゲートもそれで辞めた(50日)。
関係ないけど、2013年10月中旬、気が付いたらMH4からも離れていた。

というわけで、まだまだパズドラひとすじでいった方がいいんじゃないか?という、自分への警告でした。

2014年の指針「時間を減らして毎日続ける」

正月休みが終わり、比較的スロースタートだった1/6を挟み、1/7に。予想はしていたが、ロケットスタート的に忙しくなってしまった。こういう方、多いのではないだろうか。

正月に「今年の目標」を立てても、目の前の現実が迫ってくると、立てた目標が押し流されてしまうはよくある。自分は毎年こんな感じだ。

では、これを解決する手段はないのか…!?

というところから導き出した、
自分の「今年の目標」というか「今年の指針」。それは、

「時間を減らして毎日続ける」

例えば自転車トレーニング。
昨年までは、1回のトレーニングで最低1時間は漕いでいたため、平日はまともに時間を作れず、結果的に週末に乗るだけだった。
しかし、1回のトレーニング時間を30分に減らして、その分強度を高めて走れば、平日の朝でもなんとか時間を作れる事が分かった。仕事が始まった現時点でも、なんとか継続出来ている。

他にも、楽器の練習にしても、何かの勉強にしても、同じことが当てはまると思う。取り組むたびに「まとまった時間」を作ろうとすると、平日が忙しい人にはそれだけで取り組むハードルが上がってしまう。だから、取り組む時間を細切れにすることは、時間がない人にオススメの方法かもしれない。

それに「週に1回ガッツリやって平日はやらない」は、レベルアップの効率から考えてもあまり良くない。1日頑張ってもその後の数日間が空いてしまうと、せっかくの練習・トレーニング・勉強が、なくなってしまうことも考えられる。

継続は力なり。毎年思うけど、コレは真理やなー。

土日サイクリストが調べた「ブルベ」

ブルベ。それは、自転車で制限時間内に200km〜600kmの距離を走るという競技、というかイベント。前々から名前だけは聞いていた。

数日前、図書館で借りてきた本で、ブルベについて情報収集をしてみた。
調べれば調べるほど、参加者の生態が、ロングライド好きな自分から見ても普通じゃないことがわかってきた。
彼らはなぜそんなに睡眠をとらないで平気なのか。彼らはいつ仕事を休んでいるのか。帰ってきてから身体は平気なのか。などなど…。

今回調べてみて、新しくわかったこととしては
●オダックスという運営団体がある
●今日には複数の選択肢から選べる。いちばん短いのは200kmで、制限時間は13.5時間。
●長い距離になると1000kmを超えるらしい
●助けはない。パンクの修理やリタイヤ後の帰還も全て自分でどうにかする
●反射ベストの着用が義務
●ヘルメットの後ろにもライトの設置が義務
●ブルベの参加費は2,500円らしい
●ベルも必要
●ママチャリで参加するとんでもない猛者もいる

自分はどうだろう。
興味なくはないが、休みを全てそこにつぎ込むのはなかなか覚悟がいるからなあ。

継続をサポートするWebサービス「Lift」

ss 2014-01-02 15.41.16

2014年の指針は「時間は減らす。しかし毎日続ける」に決めた@herrkfです。

そんな自分が2014年、最初に気になった記事は以下でした。
「習慣を作るウェブサービス」・・・ほお・・。
習慣を作るウェブサービス “Lift” は目標達成支援サイトに進化する | Lifehacking.jp

まだ自分もサービスの詳しい内容を把握しきれていないので「こういうサービスです」というのをここで記すことは出来ませんが、実際に登録してみて使ってみることで、幾つかの項目は分かってきました。

箇条書きにまとめると・・・
●準備された色々な「習慣(例:毎日ウォーキングする/毎日楽器を練習する/毎日ブログを書く)」に参加する
●同じように参加している人たちの取り組みの進捗やコメントを見ることが出来る
●時には「いいね」したりされたりして、目標の達成を目指す

…と言ったところかな。

注意点として、インターフェイスが英語ですので、ちょっととっつきにくいかも(日本語での検索は出来ますので、例えば「自転車」や「ブログ」と検索してみたら、同じ目標を持った人を見つけられるかもしれません。

「習慣」のタイトルが英語ではなく日本語だったら、参加者やコメントも自ずと日本語になるので、英語が苦手な自分でも気楽に参加できそうな気がします。

アプリのダウンロードはこちら

やっと銚子で初日の出を見ることに成功

あけましておめでとうございます。
2014年、今年はついに千葉県銚子市の犬吠埼で初日の出を見ることができました。

実は、昨年2013年、一昨年2012年も、元日の早朝は犬吠埼に行ったのですが、どちらも天気の都合で初日の出は拝めず。それだけに、 3度目の正直と言うことで気合を入れて挑んだ2014年、目的を達成できてよかったっす!

自宅から銚子、銚子から自宅までの自転車での往復も事故なくうまくいき、幸先の良い1月1日でした。

20140101-200745.jpg

帰りは、香取神宮で初詣。
あまりの混雑で入場規制がかかっており、境内に入るまでに20分近くかかってしまいましたが、お祈りも完了。 1つ目はプライベートなこと、 2つ目は、今年も自転車で事故りませんようにとお願い。

20140101-201230.jpg

iPhone 5sの支払についておさらい

参考:http://ggsoku.com/2013/09/iphone5s-cost-calc/#sbm

▼適用条件
●かいかえ割で、1年間パケが5460→4410に
●iPhone 4Sの下取りで、10ヶ月は1000円OFF適用

▼これを踏まえると
●最初の12ヶ月:6725円/月~
●下取り成立後の10ヶ月:5725円/月~
だから、2014年8月くらいまでは、上記2点の割引で、ほとんどこれまでどおりの料金でiPhone 5Sを使うことが出来る。どうせ古いiPhoneは今後使うことはないだろうし、悪い話ではないだろう。
●13ヶ月目から1年:7725円/月~
つまり、2014年10月からの1年は、ちょっとキツイということだ。
とは言っても、合計金額12000円を1年かけて支払うだけだが。
●2015年10月~は、6725円/月となる。4G高い・・・。

さいたまクリテリウム by ツールドフランス(2013.10.26)

20131026-222129.jpg

さいたま新都心で開催された自転車レースイベント「さいたまクリテリウム by ツールドフランス」を観戦してきました。

世界最高峰の自転車レース「ツールドフランス」。その名前を使った自転車レースがフランス以外で開催されるのは今回が初めて。
今年のツールドフランス総合優勝者のフルールや日本人選手の新城や別府をはじめ、世界のトップクラスの自転車選手が出場することもあって、前々から注目していました。

台風の影響で午前中の天気はあいにくの雨!
現地入りする前は「どれくらい人が来てるんだろう」なんて心配もしたけど、いざ来てみれば、駅前はものすごい人混み!
日本ってこんなにサイクルスポーツの人気あったの?と思ってしまうくらいの激混みでした。あとで知ったことですが、この日の来場者数は約20万人!「ためしに行ってみるか」という人も多かったと思いますが、それを差し引いても雨の中こんなに人が来るとは、嬉しい驚きです。

そして、レースについて。
自分は、自転車レースはテレビの前でしか見たことがなく、レースを生で観戦するのはこれが初めて。
観戦を終えた今、雨の中見に行って本当に良かったと思ってます!
目の前をものすごい勢いで通り抜ける集団は、ただのホビーレーサーとは別次元の走り。そしてそれを応援する観客の熱さは、屋外の寒い空気を吹き飛ばしてしまうくらい。
自分は一部の有名どころの選手以外はあまり名前を知らないので、レースの駆け引きについては楽しむことができませんでしたが、それを補って余りある迫力に数時間釘付けになっていました。

さいたまクリテリウムを見た多くの人が「自転車って面白いね」と感じることが出来たなら、このイベントは成功でしょう。